ケースによっては年齢制限が適用されないことも

自動車保険では特約制度を設け、運転できる人の年齢を前もって制限しておくことで、保険料を安く抑えられるシステムがあります。この年齢条件をうまく設定すれば、保険料がぐんと安くなるケースもあります。
生命保険の場合も、年齢によって保険料が変わってきます。

 
ただ、生命保険だと、若い人ほど安く加入できるのに対して、自動車保険では若い人ほど保険料が高くなってくるのです。
過去の事故率のデータをとると、若年層ほど事故リスクが高いという統計結果に基づいているからです。
逆に、年齢が高いドライバーは、ゴールド免許を持っているなど、優良ドライバーが多い傾向にあります。
それだけ、事故のリスクも低いというデータが出ているのです。

 

このような根拠でもって、年齢条件ごとに保険料に差が生じているのです。
自動車保険の契約にあたっては、年齢条件を賢く使うにこしたことはありません。
他方で、ケースによっては年齢制限が適用されない事例もありますので、注意が必要です。
よく、保険料を安くするために、「運転者家族限定特約」を付けていることがあります。

 

運転者の範囲を「家族」に限定することによって、保険料を抑えることができるのです。
ただ、家族でない人、たとえば、結婚して別の家に住んでいる息子が運転して事故を起こした場合は、仮に年齢条件が合致していても、特約の「家族」に含まれない人が運転していたとして、保険金が支払われません。
契約にあたっては細心の注意が必要です。

 

 

 

 

 

Comments are closed.