年齢条件はどのように決まっているのか?

若いドライバーは、運転に慣れていないのに、無理にスピードをだしたり、危険な運転をしがちです。
なので、若いドラーバーほど、事故を起こす確率も高くなるため、自動車保険にも年齢条件を設定しています。
車を運転する人の年齢が、一番若い人の年齢に応じて条件を設定するシステムになっています。
年齢設定が高ければ高いほど、保険料は安くなり、年齢が低ければ高くなります。
年齢設定区分としては、20歳以下が全年齢補償で、21歳以上補償、26歳以上補償。30歳以上補償、35歳以上補償となっています。

 
保険会社で多少違いがあるので、契約する時によく確認するといいでしょう。
運転者の年齢の条件が適用されるのは、契約者と契約者の配偶者や同居している親族、それらの人たちの業務に従事中の人になります。

 
もし年齢の条件を満たしていない場合は、事故をおこしても保険金は支払われないので気をつけてください。
別居している子供が帰省した時に車を運転した場合は、年齢の条件が違っていても補償されます。
他にも知人や友人などが代わりに運転した時も、年齢の条件が違っていても補償されます。
ただし、本人限定や家族限定などの運転特約をつけると、別居している子供や友人は補償されないので気をつけてください。

 

 

 

 

 

Comments are closed.