一般的な保険会社の年齢区分

子供が自動車免許を取得し、新しく自動車保険に入るとなぜこんなに値段が上がるのかと感じた方も多いでしょう。
保険は加入者により集められたお金で、事故に遭った人を助けるという相互補助の理念のもとに成り立っています。しかし、自動車保険では加入者が乗っている車、年齢、使用目的など人によって条件は様々です。様々な違った条件を平等にするために事故のリスクによって保険料が決められています。

 
年齢でみた場合20歳から24歳までの事故発生件数が最も多く、その後25歳で事故発生件数が大きく減少し、30歳から先の年齢ではほぼ変わらない事故発生件数を推移していきます。つまり、事故のリスクとして年齢が若いほど事故のリスクが高く、年齢を重ねるごとにそのリスクが減っていくということになります。そのために年齢区分は21歳未満を含む全年齢と21歳以上と26歳以上の大きく3種類に分けられているのです。

 
自動車保険の月にかかる費用でみていくと21歳になることで月5000円程安くなり、26歳になることで月2000円程安くなります。その後も保険会社により保険料に変化が出る場合もあります。
自動車保険はライフスタイルによって年々変化するものですので、こまめな保険の見直しにより自分のライフスタイルにあった保険の契約を行いましょう。

 

 

 

 

 

Comments are closed.