若年層ほど事故のリスクが高い?

自動車運転において、若年層と高齢者では、どちらが事故にあう確率が高いかといえば、若年者ほど確率が高いというデーターがあります。
確かに一般的には、若い人は体力に自信があるから、自然とスピード運転になり、高齢者は体力の衰えから慎重になり、運転も安全運転を心掛けているからです。
事実、優良ドライバーは高齢者のほうが多いのです。

 

 

そして、統計のデーターから、年齢の条件によって自動車保険の保険料が異なってきます。
一般的に自動車保険の保険料は損害が発生の度合いによって、高いほど保険料を高くしておりますが、若い人ほど保険料が高いのです。
但し当然のことですが、ここで高齢者のほうが、体力の衰えから安全運転からは縁遠いのではないかという疑問が出てきます。

 
そこで、最近では損害保険会社は年齢区分を細分化することでリスクを避けるケースが出てきました。
つまり、細分化とは、契約者が損害を受ける可能性や、条件や環境別に、細かく区分することです。

細分化のメリットは、損害を受ける可能性が低いと判断される契約者は保険料の負担が低くなり、保険会社の負担も安くなるというメリットがありますが、反面損害を受ける可能性が高い契約者は負担がより大きくなり可能性があるというデメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.