特約を使って自動車保険料を抑えよう!

自動車保険は補償対象が入り組んでいることが多くとても複雑です。ですから、中には補償が重複していることもあります。ですからその重複を解消したり、反対に補償を省いたりすることで自動車保険料を抑えることができます。

 
まずは重複を見直すことから考えます。例えば、自動車が2台ある場合に重複している可能性が高い特約としてはファミリーバイクや個人賠償責任保険、弁護士費用などがあります。これらは被保険者が配偶者や同居家族、別居の未婚の子ですので重複しているケースがほとんどです。

 
次に補償を省くことが可能なケースですが、代車特約が上げられます。最近は修理工場で用意してくれることも多く、また加害者の保険会社が用意してくれることもあります。こうしたことを考えたなら代車は省くことも考えのひとつにくわえることができます。

 
最後に紹介するのは人身傷害保険に関してですが、この保険は自動車にまつわる事故のほとんどすべてを補償範囲としています。ですから、自動車を複数台所有し保険に加入しているなら重複している保険をはずすことができます。

 

例えば、人身傷害保険は「契約車両の車でなくとも乗車中のケガ」や「歩行中・自転車乗車中に車とぶつかったケガ」も補償されます。ですから、人身傷害保険については「契約車両乗車中のみ」という特約をつけることで保険料を抑えることが可能です。

 

 

 

 

 

Comments are closed.