本人・配偶者特約

自動車保険には、対人賠償責任保険、対物賠償責任保険などの中心となる契約に対して、さまざまな特約をオプションとして付け加えることができます。これらの特約のなかには、補償内容をある一定の範囲内に限定することによって、保険料を安くするタイプのものが存在しています。そのなかのひとつが「本人・配偶者特約」と呼ばれているものです。

 
この特約は、事故を起こしたときなどに補償の対象となる運転者を、記名被保険者とその配偶者のみに限定するものです。記名被保険者とは、主に契約した車を運転する人のことで、保険証券に名前が印刷された人のことを指しています。通常の個人向けの自動車保険であれば、契約者と同じ意味になります。また、この場合の「配偶者」には、いわゆる内縁関係にあたる人も含まれます。

 
この特約を付帯することによって、運転者が限定された分だけ、運転者を限定しない場合よりも事故に遭うリスクは少ないとみられますので、保険料は大幅に割引となります。このほかにも「本人特約」といって、記名被保険者のみに運転者を限定する特約がありますが、その次に割安な保険料で加入できる特約といえるでしょう。
ただし、万が一本人や配偶者以外の人が運転して事故に遭ってしまった場合には、保険金はいっさい支払われないことになりますので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.